3:『フィチン』の分子構造

  • 2010/02/04(木) 20:47:07

◇…『IP6(フィチン酸お・各種フィチン)』の分子構造…◇

フィチンイノシトール構造
 
穀物に含まれるのは『フィチン(IP6)』です。 

『フィチン』はマグネシウムやカルシウムと結合した状態で含まれています。
つまり、すでに『フィチン』は複数のミネラルと結合しています。 
だから、
『フィチン』がミネラルを体内から奪い取ることはあり得ないことが理解できます。


例えば、塩化ナトリウム(塩)を摂取して、
体内で塩素イオンやナトリウムイオンになっても
塩素やナトリウム単体の性質を持たないように、 

フィチンが解離してもフィチン酸の性質になるわけでない。 
2:フィチン酸って何? で解説しています。
…〜……〜……〜……〜……〜……〜……〜……〜……〜… 

【発芽玄米とフィチン酸について】

また、発芽玄米の商品サイトで
「フィチンの中のミネラルは、吸収されない。
発芽玄米の酵素によってフィチン酸とミネラルに分離され吸収されやすくなるので、
発芽玄米をどうぞ……」と書かれているサイトがあります。 

しかし、これは、全くの間違いです。
 酵素があろうが、なかろうが

『フィチン』は胃(酸性)の中で『フィチン酸』とミネラルに分かれ、体内に吸収されます。
 

発芽玄米のフィチン分解はほんのわずか。

フィターゼ(酵素)は、『フィチン酸』をイノシトールとリンに分解させる働きがありますが、
その理由は、植物にとって『リン』は、発芽時から重要な栄養素だからです。 

発芽が進むにしたがい、本当に少しずつ 『フィチン』が分解され、リンが取り出され仕組みになっています。
ある発芽玄米の商品ページには、全部のフィチンが分解されるように、説明されていますが、

そんなことはありえません。ほんのわずかです。
発芽して芽をのばしていく過程の中で少しづつ分解されます。

一方、人体の生命活動や細胞の働きに必要な成分は、イノシトールリン酸化合物、
つまり『フィチン酸』
のほうです。

人間や動物にとっては、発芽する前の栄養素が大事なのです。

繰り返しますが、

普通の玄米であっても、フィチン酸とミネラルは体内に吸収されます。

発芽玄米そのものが悪いとはいいません、 

しかし、発芽玄米を売るために

「玄米の『フィチン』がミネラルを奪う」
「発芽玄米はフィチンが分解され無害になる」という間違った情報を流すのは
”せこい”と思いますが……。


最近は玄米を、自宅でせっせと水に長時間つけて、発芽させようとする人がいるようです。 

しかし、発芽玄米をつくるときには細菌汚染の危険がともないます。 

玄米を炊く時点で細菌は死滅しましても、細菌から発生した毒素は残りますから、
注意しなければならないですよ。 

その危険性は発芽玄米を製造している人は
知っているはずです(作っているのですから……)から、
その情報こそ詳しく教えてあげないといけないと思います。
…〜……〜……〜……〜……〜……〜……〜……〜……〜…

玄米にはもともとフィチン酸と同じ数(分子量)のイノシトールが始めから含まれています。
そして同時に吸収されることで、相互に働きを強めるという研究結果が出ています。 

自然にある食品は、始めから無駄なものはなく、
バランスが整っているといいますが、本当ですね。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/07/03(水) 18:29:42

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/07/10(水) 12:45:14

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/10/17(木) 18:26:07

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/10/24(木) 11:21:25

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/11/15(金) 05:47:40

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/11/25(月) 14:34:27

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/11/28(木) 09:18:43

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/12/19(木) 07:49:07

コメントの編集

管理者にだけ表示を許可する