癸院Ц縞討危険って本当!?

  • 2010/02/03(水) 01:58:39


玄米でミネラル不足になる。!?


玄米といえば、ミネラル豊富な健康食なはず・・・。

いったいこれはどういうこと?

インターネット上で
「玄米」と「フィチン」で検索すると、

「玄米食がミネラル不足を引き起し、短命の原因になり、その原因はフィチン酸だ・・・」
という情報があります。

また、
『玄米の栄養成分であるフィチン酸は、カルシウム・リンなどのミネラル吸収を妨げ、体外に排泄します・・・』とあります。

玄米を食べるとフィチン酸の作用によって身体からミネラルが無くなってしまう・・・
そうだとしたら大変です。
もう、玄米は食べられませ〜ん。


でも、本当でしょうか?

実は、
玄米には「フィチン酸」は全く含まれていません。
◆…↓↓ここを、勘違いしています。
実際には穀物に含まれる成分は「フィチン」なのに、分析表の表示によって
誤解釈されているようです。


「フィチン酸」の分析では、
1・試料(穀物など)から「フィチン」をトリクロロ酢酸で抽出。
2・塩化第二鉄を加え、「フィチン酸鉄塩」を沈殿。
3・沈殿中のリン含有量を吸光光度法で定量。
などの方法によって、行われます。

その結果、分析表には元々含まれる
「フィチン」ではなく「フィチン酸」の量が表示されます。
そのために穀物中に
「フィチン酸」が存在すると勘違いすることは分からなくもないのですが、素人でなければ間違えることはありません。

玄米に含まれる栄養成分は「フィチン」なのです。
(玄米だけでなくトウモロコシ、麦、ごま、豆などの穀物や種子類のほとんどにはこの「フィチン」が含まれています)



・「フィチン酸」と「フィチン」の性質は全く異なります。
名前は似ていますが「フィチン酸」は「フィチン」から「ミネラル」を除去して製造される物質で、性質が全く異なる物質です。

・フィチン=フィチン酸+ミネラル


『フィチンの性質』:「不溶性(水)の無臭、白色粉末である」
参考サイト→ goo.gl/UFacB

『フィチン酸の性質』:「淡黄褐色の澄明なシロップ状の液体で、臭いが無く、強い酸味がある」
参考サイト→ goo.gl/t5aI6

次から、もう少し詳しく
『フィチン酸』と『フィチン』について勉強していきましょう。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/07/07(日) 04:55:22

この記事に対するコメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 投稿者: -
  • 2013/12/11(水) 01:40:27
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する